仕事でよく使う9関数

無料テンプレート

Category

Tips

その他

IF関数(条件判断・2つの異なる結果を返したい)

【IF関数】条件を満たすか満たさないかで処理を変える関数 

IF関数の書式は、=IF(論理式,真の場合,偽の場合)となっていて、その条件を満たすか満たさないかで返す値が変わるのだ。
SUMとIFが使えれば、『関数、わかります』って言えるかも(笑)

D4セルに、『=IF(C4>=70,"合格","不合格")』 と入力。
もし、C4セルが70以上の場合は合格を、それ以外の場合は不合格を表示する、って意味。



あとはD4を下にドラグしてコピーするだけ。
できあがり。

IF関数の論理式で使える比較記号

70点以上、70点未満・・・など、等号や不等号を組み合わせて条件を指定できるよ。

記号 意味
 =  左と右が等しい
 <>  左と右が等しくない
  >  左が右より大きい
  <  左が右より小さい
  >=  左が右以上
  <=  左が右以下

 

  【スポンサードリンク
 

スポンサードリンク

Contents

ページのトップへ戻る